Smartphone display


ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
根室ツイート
TOP> イベント
市内情報LINK イベント
イベント    (42)
バードランドフェス 各種探鳥ツアー参加者1.5倍に    (2018-2-2 - 7 Clicks)
冬の野鳥観察を楽しむ「ねむろバードランドフェスティバル2018」を主催する根室市観光協会(小林茂会長)は1月30日、今年のバードランドフェスの来場者数を発表した。3日間の来場者は昨年を6人上回る918人で前年並みとなったものの、おまかせガイドツアーは約1.5倍の151人と増加。同協会では「純粋な観光イベントの部分として成果が出ている」と分析している。
芭蕉同窓会が87回総会 余興楽しみ親睦深める    (2018-1-26 - 14 Clicks)
根室高校の卒業生で組織する芭蕉同窓会(松浦宗信会長)は21日、第87回総会及び懇親会を根室グランドホテル2階孔雀の間で開いた。卒業生や関係者ら約300人が一堂に会した総会では、伝統ある三つの校歌を高らかに斉唱。当番幹事会(掛川泰生幹事長)による余興では、息の合ったダンスや恒例の芭蕉太鼓で盛り上げた。
晴れ祈り準備「納沙布岬初日詣」    (2017-12-31 - 16 Clicks)
第38回納沙布岬初日詣が元日の午前5時から行われる。根室市と根室市観光協会(小林茂会長)が主催するもので、当日はコーヒーなど温かい飲み物を無料提供するほか、てっぽう汁を1杯200円で販売。縁起物として勇壮なねむろ太鼓を披露し、初日の出を待つ。ここ2年連続でご来光を拝むことができているが、今年は近付くにつれ天気予報が悪い方に変わって、28日現在、元日は「曇り時々雪か雨」の予報が出ており、関係者をやきもきさせている。
根室漁協の女性部が講師「マスのはさみ漬け」の味を伝授    (2017-12-11 - 10 Clicks)
ねむろ水産物普及推進協議会(愛称・まるごと根室、会長・長谷川俊輔根室市長)は11月30日、市総合文化会館実習室で今年度3回目の「浜の母ちゃん直伝!根室おさかな漬物教室」を開き、受講者24人が浜の母ちゃんの極意を学んだ。
来年1月26日「バードランドフェス2018」開催    (2017-11-20 - 19 Clicks)
冬の野鳥観察を楽しむ「ねむろバードランドフェスティバル2018」(NBF)が来年1月26日から3日間、ベルクラシック根室をメーン会場に開かれる。今回も専門のガイドが同行する「おまかせガイドツアー」が企画されているほか、3日間を通して各種催しで根室の冬の野鳥観察を楽しむ。
フォトコンテスト募集開始 地元の魅力再発見へ    (2017-11-15 - 22 Clicks)
根室市観光協会(小林茂会長)は、「2017根室フォトコンテスト」の作品を募集している。根室の魅力再発見と観光PR素材の確保を目的にスタートし、今年で12回目を迎える。新たに「観光ポートレート部門」、「野鳥部門」を新設し、計6部門の作品を募集する。同協会では「奮って応募してほしい」と話している。
28日 梅ヶ枝町商店街「ハロウィン祭」    (2017-10-7 - 28 Clicks)
梅ヶ枝町商店街振興組合(岡野忠春理事長)が主催する「ハロウィン祭」が28日午後2時から、大地みらい信用金庫第2駐車場で開かれる。同5時まで。同組合は「ぜひ皆さんで参加し、まちを盛り上げてほしい」と来場を呼び掛けている。
産業フェスにぎわう 実りの秋を満喫    (2017-10-4 - 32 Clicks)
1日開かれた第33回根室産業フェスティバルは、約5,500人の来場者でにぎわった。会場となった道立北方四島交流センター「ニ・ホ・ロ」横の市イベント広場には魚、肉、乳製品など根室の特産品が一挙に販売され、訪れた市民や観光客が食欲をそそる香り漂う中で実りの秋を満喫した。
旬のさんまに長蛇の列 札幌で直送市    (2017-9-27 - 25 Clicks)
オール根室体制で根室産の新鮮で良質な水産物・水産加工品の普及宣伝・販路拡大等を目指す「ねむろ水産物普及推進協議会」(愛称・まるごと根室、会長・長谷川俊輔根室市長)は、9月20、21日の両日、札幌の道庁赤れんが庁舎前で「根室さんま直送市」を開催し、昨年を800人上回る約4,000人の来場者が根室で水揚げされた旬のさんまの味覚を楽しんだ。
7日 わくわく花咲く!レールフェス 根室駅中心に    (2017-9-24 - 27 Clicks)
根室市観光協会(小林茂会長)は、市民有志と協力し「わくわく花咲く!ふれあいレールフェス2017」を10月7日午前10時半からJR根室駅待合室で行う。レールフェスでは鉄道模型の展示・運転体験のほか、旧国鉄制服コスプレ体験撮影会や日本最東端駅「東根室」到着記念証明書を配布する。
市民大学「四島の自然の魅力」テーマに来月開講    (2017-9-22 - 24 Clicks)
根室市民大学運営委員会(細川憲了委員長)と市公民館(餅崎幸寛館長)は、根室の課題を考える市民対象の学びの場「市民大学講座」の受講者を募集している。テーマは北方四島の自然の魅力。10月13日から毎週金曜日、全3回にわたって、NPO法人北の海の動物センターから招く3人の講師が講演する。受講料は3回分で1,000円。
16、17日 さんま祭り 予定どおり実施へ    (2017-9-15 - 35 Clicks)
第25回根室さんま祭り(実行委員長、田家徹さん・タイエー社長)が16、17の両日、根室港特設会場で開かれる。昨年並みの不漁となっている今年のサンマ漁だが、実行委員会では無料配布のサンマ3.2トンを確保し、事務局では「多くの市民に来場してもらい、秋の味覚サンマを楽しんでもらいたい」としている。また、今年のゲストは「心凍らせて」のヒット曲を持つ高山厳さんで、根室出身の芸人、サイクロンZも出演し、祭りを盛り上げる。なお、昨年に続きサンマの箱売り価格は当日発表となる。
20、21日に札幌で「さんま直送市」水揚げ日本一PR    (2017-9-8 - 36 Clicks)
オール根室体制で、根室産の新鮮で良質な水産物・水産加工品の普及宣伝・販路拡大等を目指す「ねむろ水産物普及推進協議会」(愛称・まるごと根室、会長・長谷川俊輔根室市長)は、今年も20、21日の両日、札幌の道庁赤れんが庁舎前で「根室さんま直送市」を開催し、大消費地での売り込みを図る。
かに祭りにぎわう 台風遠退き無事開催    (2017-9-6 - 45 Clicks)
根室の味覚を代表するハナサキガニを堪能する2017根室かに祭り(実行委員会主催)が2、3日の両日、根室港第一水産上屋で開かれ、真っ赤にゆで上がったハナサキガニを買い求める市民や観光客でにぎわった。台風15号の影響で来場者は前年の約半数となる1万400人にとどまったが、会場は多彩な“カニづくし”のグルメや演歌歌手・走裕介さんらの歌謡ショーで大いに盛り上がった。
27日「歯舞こんぶ祭り」 味覚、アトラクション多彩に    (2017-8-18 - 33 Clicks)
歯舞地区マリンビジョン協議会(会長・小倉啓一歯舞漁協組合長)が主催する「第11回歯舞こんぶ祭り」が27日午前10時から歯舞漁港屋根付き岸壁および周辺岸壁を会場に開催される。今年も例年人気の「昆布うどん」、「昆布そば」などコンブを使った料理の販売が行われるほか、「わんこそば大会」、コンブ漁が体験できるコーナーなどのアトラクションを計画している。
金色の神輿練り歩く 金刀比羅神社例大祭が閉幕    (2017-8-14 - 29 Clicks)
金刀比羅神社例大祭は9日に続き、10、11日の両日、神輿がまちを練り歩き、宵宮祭から3日間に渡った日程を終了し閉幕した。今年も沿道には、総勢1,300人の行列を見学するため大勢の市民が繰り出し、祭りは最高潮に達した。神輿を送った各祭典区の奉納行列は再び市中に繰り出し、御旅所前などで最後のお囃子などを披露し、3日間の祭りを締めくくった。
にぎやかに根室盆踊り 仮装や素踊りに輪広がる    (2017-7-20 - 33 Clicks)
根室に夏の訪れを告げる根室盆踊り大会が18日夜、緑町1、2丁目の特設会場で繰り広げられた。子ども仮装盆踊りには団体、個人合わせて15組、119人が参加し、シイタケの格好に扮した花咲港小学校1・2年生による「花咲しいたけ」が優勝した。
夏本番 盛大に港まつり    (2017-7-19 - 30 Clicks)
第59回ねむろ港まつりが15、16の両日、鳴海公園、根室港特設会場で開かれた。15日の「千人踊り」には約850人が参加。好天に恵まれ、沿道の市民の声援を受けながら、鳴海公園から繁華街の緑町まで行進。2日目の「舟こぎレース」には23チーム、207人が参加し、威勢の良い掛け声と水しぶきが夏本番を感じさせた。
お寺でコミュニティづくり「日の出カフェ」始めます(20174.5.19)    (2017-5-19 - 43 Clicks)
市内平内町の真宗大谷派根室別院で、市民が集う場としてお寺を開放する月例のイベント「日の出カフェ」が新たにスタートする。5月は第1弾として20日に大切な人へ手紙を書く「お手紙カフェ」、27日に若手僧侶がバーテンダーとしてもてなす「坊主バー」が開店するほか、夏には子ども向けの流しそうめんや勉強会など、季節の楽しみを取り入れた催しを展開する計画だ。
カレンダー提供を 28、29日に図書館でリサイクル市(2017.1.9)    (2017-1-9 - 54 Clicks)
ねむろ図書館友の会(桐澤享会長)は今年も、28、29日に市図書館2階集会室で「第11回カレンダー・リサイクル市」を開くため、2017年版のカレンダーを11日から募集する。同日から同館の玄関脇に回収箱を設置し、協力を呼び掛ける。
横浜で2年目「根室展」にぎわう 魅力まるごとアピール(2016.10.27)    (2016-10-28 - 44 Clicks)
大消費地の首都圏で根室の魅力をまるごとアピールする根室展in横浜が22、23の2日間にわたって横浜市港北区のトレッサ横浜で開かれた。2日間で11万人超の人出を数えた大型商業施設で、根室ならではの水産加工品などの特産品や味覚・歴史・自然などの地域資源を生かした観光面から北方領土問題の啓発、ふるさと納税や移住を促進する取り組みまで総合的に根室市をPRした。
鮭とホッキをおいしく 浜の母ちゃんが手料理伝授(2016.10.23)    (2016-10-23 - 42 Clicks)
 「ねむろ水産物普及推進協議会」(愛称・まるごと根室、会長・長谷川俊輔根室市長)は21日、市総合文化会館で今年度2回目となる「浜の母ちゃん直伝!根室おさかな料理教室」を開き、受講者12人が根室を代表する味覚である「秋鮭」、「ホッキ」を使った家庭で手軽にできる料理を学んだ。
四島踊り隊再結成へ 本祭めざし参加者募集【根室】|北海道ニュースリンク    (2016-6-2 - 97 Clicks)
12年ぶりに根室四島踊り隊が再結成され、6月に札幌で開かれるYOSAKOIソーラン祭りに参加する。平成9年から8回連続参加し、東京ディズニーランド公演も成功させるなど活発に活動。16年を最後に、活動を休止していた。代表の羽田美津枝さんは「3月から練習を再開したい。初心者も経験者、子どもも大歓迎。一緒に札幌の空の下で踊りを楽しみましょう」と参加を呼び掛けている。(北海道ニュースリンク)
バードランドフェスPRへ 「オオワシ」のポスター完成    (2014-10-31 - 126 Clicks)
市観光協会などが来年2月13日から15日まで開くねむろバードランドフェスティバル2015に向けて、テーマバードのオオワシの写真を大きく伸ばしたポスターが出来上がった。実行委員会は、市観光協会と共に11月1、2日の2日間にわたって千葉県我孫子市で開かれるジャパンバードフェスティバル(JBF)に参加するのに合わせて、同ポスターや啓発資材を持ち込み、フェスティバルをPRする。(北海道ニュースリンク)
nemuroサブカル・ミーティング、ライブ会場で    (2014-9-13 - 130 Clicks)
漫画やアニメなどいわゆる゛サブカルチャーを楽しむイベント「NEMUROサブカル・ミーティング」が13日、午後3時から市内緑町1のライブ・イベント会場「HYWATT HALL(ハイワット・ホール)」で開かれる。メーンはアニメソングのカラオケ大会と、道内で活動するバーチャルキャラクター「北乃カムイ」の公式コスプレイヤーによるステージライブ。入場料は1,000円。中学生以下は無料で、小学生以下は保護者同伴。イベントは午後6時まで。(北海道ニュースリンク)
かに祭り好天で賑わう 2日間の来場16,557人    (2014-9-10 - 109 Clicks)
根室港特設会場で6日に始まった2014根室かに祭り(市観光協会主催)は、2日間とも真夏を思わせる好天に恵まれ、道内外から訪れた観光客や市民およそ16,557人でにぎわった。根室名物花咲がにならではの濃厚な味に舌鼓を打ち、会場から遠方の知人や親類に宅配便で送る客も多く、姿売りの花咲がには、2日目終了1時間前には完売した。(北海道ニュースリンク)
第10回北方領土まで歩こう会 夏の日差しに汗拭い完歩    (2014-9-2 - 111 Clicks)
ウオーキングを通して返還運動の世論を盛り上げようと10回目を迎えた北方領土まで歩こう会は31日、道道根室半島線で開かれ、地元や道内外から参加した0歳から91歳までの老若男女1,055人が、3つの距離で北方領土までの近さを体感しながら一日も早い北方領土返還に願いを込めて完歩した。(北海道ニュースリンク)
第2回にぎわいまつり開催へ 23日、緑町1丁目    (2014-8-21 - 127 Clicks)
第2回にぎわいまつり=ポスター写真=が23日午前11時から緑町1丁目を歩行者天国にして開かれる。昨年開いた緑町商店街振興組合(日沼茂人理事長)、梅ケ枝町商店街振興組合(岡野忠春理事長)による合同イベントの第2弾で、今回は広小路商店街振興組合(福井美津夫理事長)も参加。新ご当地グルメグランプリ北海道で3連覇した別海町の「ジャンボホタテバーガー」をはじめ各地のご当地グルメが集結するほか、夜はビアガーデンも行われる予定で、根室の最後の夏を楽しむ。(北海道ニュースリンク)
「ジョバンニの島」無料上映会25、26日に文化会館で    (2014-8-19 - 117 Clicks)
終戦直後にソ連軍の侵攻によってふるさとを追われた北方領土元島民の実話をもとに、北方四島の一つ色丹島を舞台に制作されたアニメーション映画「ジョバンニの島」の一般市民向け無料上映会が、25、26の2日間、市総合文化会館大ホールで行われることになった。主催する市などは、18日から入場整理券を配布している。(北海道ニュースリンク)
根室金刀比羅神社例大祭9日から開幕    (2014-8-7 - 134 Clicks)
根室金刀比羅神社例大祭が9日から開幕する。市中でも祭りの熱気を伝えるポスターが各所に張り出され、開幕ムードが高まってきている。今年も例大祭は例年通り、8月9日宵宮祭、10日本祭、11日還御祭の日程で、四祭典区による「音と力の競演」も行われる。(北海道ニュースリンク)
15日にミニコンサート 市民吹奏楽団    (2014-3-12 - 104 Clicks)
根室市民吹奏楽団(高澤富春団長)は、15日午後3時から市総合文化会館多目的ホールで「ミニコンサート」を開く。入場無料。「家族や友達を誘い合って気軽に来場してほしい」と呼び掛けている。(北海道ニュースリンク)
根室初、大型ライブハウスが誕生    (2014-3-11 - 130 Clicks) RSS URL
音楽好きの若者でつくるイベント企画サークル「サウンドガレージ」が、3年前に閉店したパチンコ店「ホワイト」(緑町1)を改装し、市内初の大型ライブハウスづくりに取り組んでいる。ハウスの名称は「HYWATT HALL(ハイワット・ホール)」。自らの手でつくり上げたライブハウスで、3月8日に初のイベントも盛大に行われた。
サウンドガレージは本田海さん(26)と、平野真吾さん(25)の2人が中心になり、2012年9月に発足。市内中心部の活性化を目指し、緑町のまちなかサロン恋問を中心に、市内外のバンドを招いたコンサートやフリーマーケットなどイベントを開いてきた。
元島民 体験重ね合わせ涙    (2014-2-18 - 122 Clicks)
終戦直後にソ連軍の侵攻によってふるさとを追われた北方領土元島民の実話をもとに、北方四島の一つ色丹島を舞台に制作されたアニメーション映画「ジョバンニの島」の試写会が15日、北方四島交流センター「二・ホ・口」で行われた。2回の試写に元島民ら約370人が来場し、戦争がもたらした悲劇や突然島を奪われた元島民の苦難、作品を貫いて描かれている人間の絆や親子の愛などに涙し、感動に浸った。映画は22日に全国で封切られ、近隣ではイオンシネマ釧路で上映される。(北海道ニュースリンク根室新聞)
根室観光カレンダー    (2014-2-14 - 105 Clicks)
根室観光カレンダー
1年中楽しめる、根室の四季
発足40周年記念公演「鼓響」開く ねむろ太鼓保存会    (2014-2-13 - 122 Clicks)
根室の郷土芸能を支える「ねむろ太鼓保存会」(隅田諫会長)の発足40周年記念公演「鼓響」が9日、市総合文化会館大ホールで行われた。この日は、既存の曲を披露しながら歴史を振り返る演出で会場を盛り上げたほか、同会メンバーで創り上げた新曲を初披露。客席へ乗り出して披露するなど迫力ある演出に来場した市民から大きな拍手と歓声が送られていた。(根室新聞北海道ニュースリンク)
根室で友だち見つけよう!22日の「ともコン」参加募る    (2014-2-6 - 120 Clicks)
 市内で気軽な“出会いの場”を作ろうと、根室商工会議所青年部「創陽クラブ」(岡野将光会長、会員数56人)が「ネムロ・ウィンター・パーティー2014『ともコン』〜まずは友達からでしょ!」を初めて企画し、22日午後7時から市内本町のラウンジ麦で開く。(根室新聞北海道リンク)
第4回ねむろバードソンスタート 野鳥との出会い楽しむ    (2014-1-28 - 121 Clicks)
ねむろバードランドフェスティバル2014が27日開幕した。4回目を迎えたねむろバードソンも同時にスタートし、参加チームがあらかじめ定められた観察ポイントを回って野鳥との出会いを楽しんでいる。市民の森では期間中毎日午前10時から午後3時までガイドを配置し、来場者にくじを引いてもらい記念品をプレゼントしており、主催者では「初心者でも気軽に来場して野鳥観察の楽しさを体験してほしい」とPRしている。(根室新聞北海道ニュースリンク)
今年も豪華・多彩な賞品 ねむろバードソン    (2014-1-26 - 107 Clicks)
27日から開幕するねむろバードランドフェスティバル2014で実施される第4回ねむろバードソンに、今年も主催者と協賛企業から豪華、多彩な賞品が提供されることが決まり、同フェスティバル実行委員会では「バードウオッチングを満喫しながらオオワシ保護活動に貢献していただき、ねむろバードソンならではの賞品も楽しみにしてほしい」と、市内外からの積極的な参加に期待している。(根室新聞北海道ニュースリンク)
根室市観光協会 ねむろバードランドフェスティバル    (2014-1-17 - 207 Clicks)
自然環境が豊富な根室市では、日本で観察できる野鳥630種のうち360種が見られる「野鳥の楽園」です。

ねむろバードランドフェスティバルは、根室へ訪れる観光客の皆様や市民の方々へ野鳥を魅力・楽しさを感じていただくためのイベントです。
冬の祭典 2月9日に    (2014-1-13 - 118 Clicks)
2014ニムオロ冬の祭典の第1回実行委員会が10日夜、根室インフォメーションセンターで開かれ、今冬の祭典を2月9日に西浜町の根室総合運動公園で開くことを決めた。慢性的な雪不足と重機を動員する会場設営が困難になってきたため、ジャンボ滑り台や遊覧ボートをやめるなど一部プログラムを見直して実施する。市観光協会が主催者となって行うのは今冬が最後となる方向で、変遷を重ねながら冬の行事として定着してきた「冬の祭典」は大きな転換期を迎えることになる。(根室新聞北海道ニュースリンク)
子ども百人一首カルタ大会 過去最少の10チーム    (2014-1-11 - 98 Clicks)
市地域子ども会育成連絡協議会(「育成協」若林清会長)と市教委は25日、午前9時から市青少年センターで「第28回根室市子ども百人一首カルタ大会」を開く予定だったが、参加チームが海星小の児童のみだったため、急きょ会場を海星小へ変更して開くことになった。かつては70を越えるチームが参加する人気の大会だったが、今年の参加チームは過去最少の10チームに。参加校の減少は、単に百人一首への関心が薄れただけでなく、指導する教諭の転勤なども要因の1つとみられている。(根室新聞北海道ニュースリンク)
初日詣客の入り込み調査    (2014-1-8 - 119 Clicks)
根室市と市観光協会が元旦に行った初日詣客の入り込み調査で、この日納沙布岬を訪れたマイカー客のうち、釧路ナンバーの車両が70パーセントを占めていたことが分かった。調査によると、全体の駐車台数は前年より172台少ない302台。このうち道外ナンバーの車両は11台と前年の5分の1に落ち込んでおり、あらかじめ予報で元旦の悪天候を知った道外の観光客が、早い段階から来根を見送ったのが要因とみられている。(根室新聞北海道ニュースリンク)
1.051 sec.

サイトリンク登録
承認後リンク集に登録されます

PC   Mobile
facebook
ねむろスポーツ
根室市ふるさと納税

オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 市内情報LINK を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...

Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project