Smartphone display


ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
facebook
オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 根室情報LINK を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...
TOP
根室情報LINK トップページ

サブカテゴリ :  (4)
ニュース (201) イベント (53) スポーツ (7) etc (8)

新着リンク    (30)
日ロ首脳会談 平和条約交渉加速で合意 元島民「しっかりした道筋を」    (2018-11-17 - 4 Clicks)
安倍晋三首相は14日、シンガポールでロシアのプーチン大統領と首脳会談を行い、平和条約締結後に歯舞群島と色丹島を日本へ引き渡すと明記した1956年の日ソ共同宣言を基礎として平和条約交渉を加速させることでプーチン大統領と合意した。首脳会談を受け同日、千島会館で千島歯舞諸島居住者連盟の河田弘登志副理事長(84)と同根室支部の宮谷内亮一支部長(75)が記者会見を行った。
TOP> ニュース
初田牛駅廃止 住民説明会開く    (2018-11-17 - 5 Clicks)
JR北海道は15日、来年3月のダイヤ改正でJR花咲線の初田牛駅廃止について住民説明会を初田牛会館で開いた。JR側は「一日平均利用者が1人未満で利用が極端に少ない」とし、理解を求めた。住民側は「駅がなくなるのは寂しいが、利用実績がなく、廃止せざるを得ないことは納得している」と理解を示すとともに、初田牛駅があったことを残すモニュメント的なものの設置を要望した。
TOP> ニュース
風蓮湖・温根沼にオオハクチョウ1,863羽    (2018-11-17 - 5 Clicks)
越冬のために飛来する「冬の使者」オオハクチョウが、続々と姿を現している。市春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンターの調べによると2日現在、1,863羽が風蓮湖や温根沼で羽を休めている。
TOP> ニュース
「地球探索鉄道 花咲線」新ラッピング列車運行開始    (2018-11-17 - 4 Clicks)
JR花咲線の新たなラッピング列車「地球探索鉄道 花咲線」の運行が1日から始まった。「ルパン列車」に次ぐ第2弾で、6年ぶりのラッピングは赤と白の目を引くデザインで、停車駅によって見える面が違う楽しみも好評だった。市のガバメントクラウドファンディング(GCF)「花咲線を守ろう―」の寄付額が2億円を突破したこともあり、花咲線をとりまく機運の高まりに乗客や関係者らは「新たな観光資源として路線存続への呼び水になれば」と期待を膨らませていた。
TOP> ニュース
花咲港 活気づく サンマ2日連続1,000トン超    (2018-8-31 - 50 Clicks)
道東沖のサンマ棒受け網漁で28日に続き、29日も花咲港に1,372トンと、2日続けて1,000トンを超える水揚げとなった。8月は前年を上回る好調な水揚げが続いており、港は活気づいている。
TOP> ニュース
9月1、2日「根室かに祭り」開催     (2018-8-31 - 60 Clicks)
2018根室かに祭り(杉山忠夫実行委員長)が1、2の両日、根室港特設会場で開かれる。会場内には赤くゆで上がったハナサキガニをはじめ、カニ尽くしのメニューが並び、根室の旬を味わう。今年は「花咲線〜いま君に会いたい〜」を歌う松原健之さんをゲストに迎え、歌謡ショーや恒例の「かに取り合戦早食い競争」など多彩なステージプログラムが用意されている。
TOP> イベント
道の駅 9月のランチは「さんまづくし定食」    (2018-8-31 - 46 Clicks)
道の駅スワン44ねむろの9月の月替わりランチは、根室産サンマを4つの調理法で仕上げた「さんまづくし定食」=写真=を提供する。直営レストランのバード・パルで、9月1日から同30日まで。
TOP> etc
26日「歯舞こんぶ祭り」料理・アトラクション多彩    (2018-8-18 - 80 Clicks)
歯舞地区マリンビジョン協議会(会長・小倉啓一歯舞漁協組合長)が主催する「第12回歯舞こんぶ祭り」が26日午前10時から歯舞漁協中央市場内・屋根付き岸壁を会場に開催される。今年も例年人気の「昆布うどん」、「昆布そば」などコンブを使った料理の販売が行われるほか、「わんこそば大会」や、コンブ漁が体験できるコーナーなどのアトラクションを計画している。
TOP> イベント
GCF目標額上回り「花咲線守ろう」支持広がる    (2018-8-18 - 35 Clicks)
開始から約1カ月半で目標額を達成していた根室市が行っているガバメントクラウドファンディング(GCF)「日本最東端の鉄路『根室本線花咲線』を守ろう!〜美しい大自然が織り成す絶景、海と大地のグルメ路線〜」は、15日に6,000万円を突破し、達成率も181.5パーセントと支持を広げている。総合政策部では「超過分は来年度以降のウェブサイトの維持、更新、事業の拡充などに充てたい」と話している。
TOP> ニュース
原点の地から「北方領土の早期返還」発信    (2018-8-8 - 38 Clicks)
北方領土の早期返還を目指した北方領土返還要求根室市民大会(大会長、長谷川俊輔根室市長、実行委員長・白崎大市北方領土返還要求推進協議会長)が5日、快晴の下、道立北方四島交流センター「ニ・ホ・ロ」横の特設会場で開かれた。会場には700人を超える市民らが出席し、原点の地・根室から領土返還を願う思いを発信した。
TOP> ニュース
サンマ棒受け網漁 小型船が初水揚げ    (2018-8-8 - 64 Clicks)
今月1日にロシア200カイリ内での操業が解禁された知事許可の10トン未満の小型サンマ棒受け網漁で6日、花咲港に10トンが初水揚げされた。同日午前7時から行われたセリでは、高値は前年を19.1パーセント下回るキロ当たり2,970円の値を付けた。前年ほどではなかったものの、例年に比べると高値でスタートした。
TOP> ニュース
9月16日 北方領土まで歩こう会 ゲストに丸山桂里奈さん    (2018-8-8 - 48 Clicks)
第14回北方領土まで歩こう会(主催、北方領土隣接地域振興対策根室管内市町連絡協議会、実行委員会運営)の参加者募集が1日から始まった。今年は9月16日に開催し、従来通り、国後(16キロメートル)、水晶(7キロメートル)、貝殻(3.7キロメートル)の3コースで、参加者を募集する。なお、ゲストウオーカーは元女子サッカー日本代表で、バラエティ番組などでも活躍する丸山桂里奈さんが務める。
TOP> イベント
自由訪問第5陣が出発 択捉島シヤスリなど訪問    (2018-8-5 - 39 Clicks)
今年度第5陣となる自由訪問団が3日朝、訪問先の択捉島へ向けて根室港から四島交流専用船「えとぴりか」(1,124トン)で出発した。出発式では訪問団を代表して渡邊彰団長(65)が「私たち団員一丸となって体に気をつけて行ってまいります」とあいさつ。択捉島ではシヤスリ、蘂取などを訪れ墓参りなどを行い、6日昼ごろ根室港へ戻る。
TOP> ニュース
最後の西高祭「この思い出忘れない!」    (2018-7-25 - 58 Clicks)
根室西高等学校(鈴木強児校長)は21日、第49回西高祭を開いた。多くの市民が来場し、展示物や模擬店、クラス発表などを楽しんだほか、後夜祭では生徒らがバーベキューや花火で思い出を心に刻んだ。
TOP> ニュース
ねむろ半島遊覧バス「のさっぷ号」運行開始    (2018-7-15 - 47 Clicks)
根室市内の主要な観光地を巡るねむろ半島遊覧バス「のさっぷ号」は14日、今季の運行を開始した。午前8時から駅前バスターミナルで出発式が行われ、第一便には香港からの2人を含む6人の観光客が乗り込み、同15分、関係者の見送りを受けて半島一周観光に向かった。のさっぷ号は、9月24日まで73日間にわたって毎日2コースで運行される。
TOP> ニュース
第60回 ねむろ港まつり    (2018-7-11 - 40 Clicks)
根室市の漁業の振興、操業の安全を祈願するお祭りで2日間の日程で行われます。市内では千人踊り、ジュニアコンサート、根室港では舟こぎレース、巡視船体験航海や花火大会が行われます。
TOP> イベント
北方領土返還求める"国民の意志" 署名9,000万人を突破    (2018-7-11 - 32 Clicks)
国民が最も手軽に返還運動に参加する機会の一つとして大きな意義を持つ北方領土返還要求署名者数が、9,000万人を突破した。元島民有志の取り組みに始まってから53年。署名数の伸びはそれだけ北方領土問題が長期化してきたことの裏返しでもあり、決して喜べるものではない。地道な活動の積み重ねによって示された国民の意志が、北方領土返還の一日も早い達成を願っている。
TOP> ニュース
根釧一体で"花咲線"存続へ 沿線地域連絡協議会が発足    (2018-7-11 - 35 Clicks)
根室地方総合開発期成会(会長、長谷川俊輔根室市長)と釧路地方総合開発期成会(会長、蝦名大也釧路市長)による根室本線花咲線対策沿線地域連絡協議会が5日、発足した。根室管内とJR花咲線沿線の10市町と議会で構成し、会長には長谷川根室市長、副会長に蝦名釧路市長を選出。今後、沿線自治体で連携を密にし、花咲線の維持、存続に向けて協力や支援の在り方などを協議していく。
TOP> ニュース
13日に豪華客船が寄港 船内で北方領土講演や観光PR    (2018-7-11 - 54 Clicks)
日本クルーズ客船所有の豪華客船「ぱしふぃっくびいなす」(26,594トン)がクルーズ企画「北方四島周遊と花の利尻島・礼文島世界遺産知床半島への船旅」の途中、13日に花咲港に寄港する。同船旅のうち「北方四島周遊クルーズ」に合わせて、元島民後継者による北方領土講演会、市職員による根室観光PRなどが行われる。
TOP> ニュース
歯舞漁協「昆布製品いかが」ツアー客に売り込み    (2018-7-1 - 28 Clicks)
歯舞漁協(小倉啓一組合長)は29日、根室半島チャシ跡をめぐる静岡県からのツアー客を受け入れ、各種昆布製品の販売、昆布についての説明などを行いPRした。
TOP> イベント
7月12日 今年も緑町中央通りで盆踊り大会    (2018-7-1 - 49 Clicks)
根室盆踊り大会の日程が、7月19日に決まった。今年も緑町中央通り1、2丁目を会場に子供仮装や大人素踊りを展開し、子供参加者へのお菓子配布や恒例の大抽選会で夏の夜を盛り上げる。子供仮装への申し込みは7月12日まで緑町商店街振興組合へ。大人(中学生以上)の仮装参加を含めて盆踊りへの参加申し込みは前日の7月18日まで呼び掛けている。
TOP> イベント
「花咲線を守ろう!」に応援続々    (2018-6-15 - 39 Clicks)
根室市が1日から行っているガバメント・クラウド・ファンディング(GCF)「日本最東端の鉄路『根室本線花咲線』を守ろう!〜美しい大自然が織りなす絶景、海と大地のグルメ路線〜」は開始2週間で達成率が11パーセント、数あるGCFの中で全国五位の支持率を集めている。「花咲線を残してください」との応援メッセージも寄せられ、事務局では手応えをつかんでいる。
TOP> ニュース
落石地区 ホッキけた網漁終わる    (2018-6-15 - 30 Clicks)
月から行われていた落石地区のホッキけた網漁が先月末までに終漁した。今年は最終的に21回の出漁で、数量はほぼ漁獲許容量いっぱいの99.6トン、平均単価は高値だった昨年を下回る結果となった。
TOP> ニュース
ニーズ増す市民ガイド"トコロジスト"になりませんか    (2018-6-15 - 42 Clicks)
根室の自然や歴史を案内する市民ガイド「ねむろトコロジストの会」(船山岩雄会長、会員13人)は、根室半島チャシ跡群をはじめとした史跡ガイドを育成するための「ガイド養成・実践講座」を6月30日と7月1日の2日間で開く。同ガイドを育成してきた根室市観光協会(小林茂会長)が主催する。年々人気が上がるチャシ跡観光などでニーズが高まっているため、受講後に一緒に活動できる人を求めている。
TOP> ニュース
ビザなし専門家交流 国後島の「鳥類生息分布図」作成へ    (2018-6-6 - 43 Clicks)
北方四島とのビザなし交流専門家枠で国後島を訪れていた「国後島鳥類専門家交流訪問団」(白木彩子団長=東京農業大学准教授)が4日、同島のレンジャーとの共同調査を終え、今年度日本側から第1陣となった択捉島ビザなし訪問団の四島交流専用船「えとぴりか」(1,124トン)で根室港に戻った。意見交換会では国後野鳥保護区の野鳥生息分布図の作成と、北海道と国後を往来する渡り鳥について個体数をモニタリングしていくことで合意した。
TOP> ニュース
ビザなし択捉島から帰港 終始ロシア側主導に疑問も    (2018-6-6 - 39 Clicks)
日本側から今年度第1陣となったビザなし交流択捉島訪問団が4日、四島交流専用船「えとぴりか」(1,124トン)で根室港へ戻った。一行は3泊4日の日程で島に住むロシア人住民と文化やスポーツで交流。ホームビジット等で熱心な歓迎を受けたものの、意見交換する「住民交流会」は日本側が用意した進行を島側が受け入れず、団員らは「終始ロシア側のペース。話を聞いてもらう隙もなかった」と不信感を募らせる場面もあった。
TOP> ニュース
第2回シーサイドマラソン ネット申し込み早くも100人超    (2018-5-21 - 36 Clicks)
8月19日に開かれる根室市「スポーツ・健康都市」宣言30周年記念「第2回最東端ねむろシーサイドマラソン〜北方領土を望む〜」の参加者募集が始まり、先行して受け付けを開始したインターネットによる申し込みは18日現在で120人となった。大会事務局では「参加の手引き」を第1回の参加者へ郵送したほか、市内5カ所の公共施設に配置した。
TOP> イベント
領土問題正しく理解しよう―北方少年少女塾始まる    (2018-5-21 - 25 Clicks)
管内の児童生徒に北方領土の正しい認識を深めてもらう今年度最初の「北方少年少女塾」が17日、別海町立上西春別中学校の生徒を対象に始まった。北方館、北方資料館などを見学し、北方領土に対する知識を深めた。
TOP> ニュース
前浜コンブ生育良好    (2018-5-21 - 27 Clicks)
歯舞漁協(小倉啓一組合長)は17日、前浜コンブの生育状況などを調べる第1回目の資源調査を実施し、各調査ポイントからサンプルとなるナガコンブを採取して、市場内で測定を行った。今年は2月に一度、納沙布で流氷が一部接岸して以来、前浜に流氷の接岸が確認されなかったこともあり、例年に比べても生育は良く、漁業者らは明るい表情だった。前浜コンブは貝殻島コンブの参考になるため、今年の同コンブ漁に向けて、解禁日の6月1日からの出漁への期待も高まっている。
TOP> ニュース
第1回自由訪問団 色丹島から戻る「ロシア側の対応に好感」    (2018-5-21 - 55 Clicks)
四島渡航事業の皮切りとなった第1回自由訪問団(飯作鶴幸団長、団員60人)が14日、訪問先の色丹島から3泊4日の日程を終えて根室港へ戻った。一行はノトロ、キリトウシ、相見崎などを訪れ、元島民らのふるさとである居住地跡や墓地を散策した。帰港後の記者会見で飯作団長(75)は「天候もまずまずで、心配されていたロシア側の対応も好感が持てた」と話し、訪問予定地全てに上陸できたことを報告した。
TOP> ニュース
0.640 sec.

サイトリンク登録
承認後リンク集に登録されます

PC   Mobile
根室グルメ「エスカロップ」

市民情報
ねむろスポーツ
根室市ふるさと納税


Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project